京都市左京区松ヶ崎泉川町16-7 TEL 075-702-0201 携帯 090-8209-0221Eメール
最近の建築実績 >>

長らくご愛顧いただきましたが、そば処「すさかべ庵」は2013年5月26日をもって閉店させていただくことになりました。
京都市上京区に新たに開店いたしましたので、よろしくお願い申し上げます。

【すさかべ工房の由来】

すさかべすさかべの「すさ」というのは藁のことで、昔は壁を塗るときに赤土同士がばらばらにならないように藁を混ぜ込みました。
京都の大山崎にある国宝・妙喜庵の待庵(たいあん)という茶室には、その「すさかべ」が使われています。
「藁家に名馬を」という言葉がありますが、粗末な家で高価な茶道具を使いこなすということでしょうか。待庵の畳二畳の小さな和室こそ、千利休の原点と言えるかもしれません。

【茶室の話】

祥雲庵の内部すさかべ工房の植野信廣は数奇屋建築専門の大工職人としてこれまで多くの茶室を造ってきました。その建築は北は仙台から南は沖縄まで、日本全国に残っています。また海外で手がけた茶室の中には、米国ニューヨークにある裏千家の茶の湯センターが挙げられます。

設計段階で最も大切にしていることは、施主様の個性です。本格的に茶懐石をしたい方もあれば、お茶を飲んで雰囲気だけを楽しみたいという方もおられます。茶室を建てる際にはそうした施主様のご希望にできるかぎりかなえるため、ご納得いただけるまで相談してまいります。

どんな茶室を建てるときにも欠かせない要素としてお手洗いがあります。お茶事の間、誰でも必ず一回はお手洗いを使われるからです。また、それ以外にも、夜話の茶事の火の番、水撒き、蹲(つくばい)の水足し、草履とり、除夜釜のそば打ち、朝茶の蓮の葉の段取り、草取り、火鉢の炭のお守等々、様々な要素を考慮しなくてはなりません。
茶室を考えておられる方はぜひ一度お話をお聞かせください。
こだわりのある茶室、こだわりのある家造りをお手伝いさせて頂きます。

【建築実績】

京都知恩院の華麓庵最近手がけたものとして、京都知恩院の華麓庵、金毛院の腰掛待合、滋賀県浮御堂、奈良裏千家・業躰邸などがあります。詳細 >>

職人の技手づくり職人芸

トレー・箸置き・コースター・爪楊枝・菓子箱・灯篭についての詳細はこちら

心やすらぐ木のぬくもり
使い込むほどに愛着の湧く逸品

トレー トレー
見る
コースター コースター
見る
箸置き 箸置き
見る
爪楊枝 爪楊枝
見る
菓子箱 菓子箱
見る
灯篭 灯篭
見る
お問合わせ注文フォーム

すさかべ製品をお使い頂いている店
創作京料理 ぐろっと
そば処 深瀬屋

Copyright © 2004-2010. All rights reserved by Susakabe Kobo.
Designed by BIS.